2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エルボーロケットォオオオッ!

パシフィックリムの字幕版を観てきました。
吹き替え版同様、IMAX3Dでな!

声優ネタでヒャッハー!な気持ちになる人は、吹き替え版→字幕版を観るコースをお勧めします。
普段から字幕オンリーな人は字幕→吹き替えなコースをお勧めします。

つまり両方観てほしい!
字幕と吹き替えの台詞の差違や、字幕(原語版)ならではの描写などが、両方観ることによってわかる(当たり前だぁああっ)。
単純に面白い!に尽きるんですけど、もう、本当に巨大ロボ好きと怪獣好きと特撮好きには絶対観てほしい!
2回目だと、色々気づく箇所とか出てくるんだけど、基本、最後あたりはもうスクリーンに釘付けである。
冒頭15分ぐらいも釘付けである。
15分過ぎたってまあ釘付けなんですけどね!

あまりにヒャッハーして、小説(洋書)とビジュアルガイドブックとサントラをたぎる気持ちのままに手に入れました。…まあ公開前からたぎってて6月に出版されたエピソード0のアメコミは入手済みとか、もうほんと、私、落ち着かない。
こんなに劇場で何回も観たい!と心底ワクワクしてるのって、ストロングワールド以来かもし…いや、アベンジャーズがあったわww

ちょうじゅとはんえい

これからスタトレの舞台挨拶付上映に行きます。
予告が流れ出してから、ずっとワクワクしながら待ってたんだ。
ムビチケだって3枚買ったさ…流石にフルコンプはな。

個人的には、マイフェイバリット艦長はサー・パトリックスチュワートさんですけどーっ!



今年の夏映画は、個人的に海外作品で楽しみなものが怒涛の勢いで公開されるので、本当にによによしてる。


パシフィック・リムは初日にIMAX3D吹き替え版を観てきた。
残念ながら初回ではなかったのでポスターはゲットしそこねたがな!

パシフィック・リムはねー、特撮と巨大ロボットと怪獣が好き叉は興味がある人は絶対に劇場へ行って観てほしい。

字幕版をまだ観てないので、そっちの感想は書けないけど、吹き替え版の声優の皆さんにホワァアアアア!となるから。

四の五の言わずに楽しめる。時間の長さがちっとも気にならなかった!




パシフィック・リムの興奮覚めやらぬままに、スタトレ観てくるぜ!

夏の祭典

夏コミにひっそりとサークル参加してきました。

当日は、とんでもない酷暑の中、ザンプ系ホールで午前中から場内霧が発生して閉会まで消えなかったトンデモ日和でしたが、皆さん無事にお家に帰りつけましたでしょうか
お立ち寄りしてくださった皆様、ありがとうございます。
当日、共に過ごした両隣のサークル様、ありがとうございました。
久しぶりのサークル参加に気持ちがリセットされて、どう振る舞えばよかったのかアワアワしてしまいました。


当日は午前中まで会場でコピーと製本をするという事態に、只でさえ時間ないのにコピーミスしたのを製本で気づいて時間をだいぶロスするポカをやらかしてしまって…orz。


もう少し、自分が書き込んで形にしたいなぁ、と反省。
まだ続けてみたいので、のんびり書いて行こうと思います。
カレンダー次第だけど次に参加するなら来年かなー。

野馬追




南相馬市の相馬野馬追祭を友人と見てきました。

最終日の神事、野馬懸を行う小高神社は、原発事故による非難区域がようやく少し解除された場所であり、神事に携わった地元の人々の多くが他府県へ避難生活を余儀無くされているそうです。

これまでより、地域の繋がりが保ちにくくなったハンデを逆手に取るかのような、祭りへの熱い思いに、見られてよかったと、自分の都合がついて来年もお祭りが行われるならば、是非行きたいと思いました。

人馬一体感、何よりも、祭りを執り行う側が主導権を持ち、最も尊ばれる存在であるという、当たり前のことが普通に行われていたことに胸が熱くなりました。
当たり前のことだけど、最近は見物客やいわゆるカメラマンが大きな顔をしがちな祭りが増えているなかで、野馬追は祭りを執り行う側が圧倒的に「主」だった。
それがとても嬉しかったです。

南相馬市の皆さんが、ふるさとに帰って、当たり前の生活ができますように。


よさげクオリティ



私信>aさんへ
ローの腕時計も合わせて、
買いました!(フォント最大級の気持ちで)


ワンピースサマー期間中のUSJにはなるたけワンピTシャツを着て遊びます。
キャストさんからの声掛け率が上がるからね!

ワンピースのプレミアショーの回を重ねる毎に、キャストさんが自分のワンピ好きをゲストに話す事が増えてきました。
買い物レジのちょっとした時間やライドやアトラクションの待ち時間に偶々側にいる時など。
そんな時に、ワンピTシャツを着てると、それが切欠で話が弾んだり、パークのちょっとオススメな楽しみ方を教えて貰えたりするので、ただのゲストとキャストという関係から半歩互いに近づく感じが凄い楽しい。

心地よいサービスとは、双方の共同好意による行為によって得られるものだ、と。


エンターテインメントを提供する、というコンセプトにおいてUSJはワンピースファンに向けて、良質なものを見せてくれていると考えて、私たちファンはそれにきちんと失礼のないように応えなくてはな、とも思います。

ワンピースファンとしてキャストの皆さんに作品込みでがっかりされることのないように、ね。

USJの夏はワンピースサマーだけど、エンターテインメントの夏でもあるんだぜ!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ちびぃ

Author:ちびぃ
徒然なまんまふらり火の如し

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。