2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さぶっ

拍手をぽちりとくださる、悪魔の実の能力者の皆さま、ありがとうございますっ。


今日は、P/A/G/E2009へ行ってきました。
や、職場のアレでソレでして……。腐乱馴鹿、こんなんでも一応、出版とか印刷業界の片隅に身を置いていまして。
色々見てこいやー、という上司のお達しで行ってきました。
好きだから、喜んでいきましたとも!

感想>
全体的に小ロット向けの展開になってきているかなぁ、といったところ。
不景気拡大で、しかも印刷物自体の生産が減少傾向にある(出版物の不振然り)から、当然とも言えるし、致し方ないとも言えるけれども。
その分、付加価値をつけて違いを見せる傾向にある、そんな印象を受けた。
特殊印刷も、「(いわゆる)同人で見かけるオプション印刷ね!」と思ってしまうため、なんだろ……妙に新鮮みに欠けて自分のハァトに届くというか、なんというか。
特殊印刷(箔押し、エンボス、PP(or マット)加工、大判特殊(ポスター、布製品、箱物、型抜き等)出力がどういった工程で、どんな機械で刷られるのか、その勉強にはなりました。
機械が随分コンパクト化して、反比例で仕上がり技術は格段に向上しているわけです。
なにが凄いって、オンデマンドで4c印刷と遜色ない仕上がりってのが凄いよ!
オプションでPP加工かけたら、普通に機械通したのと違いが分かんないって!!!
中綴じやくるみ製本、上製本(製本工程込み)までのオンデマンド一体機があるんだもん。
そんなに凄い綺麗な仕上がりなのに、機械本体のサイズが現行の複写機とほぼ同サイズっていうんだもん!
因みに、腐乱馴鹿の中で一番ココロ惹かれたのは、オンデマンド機使用向け製本システムにセット(おそらくオプション)されていた 断裁機 だったりします(笑)。いやだって、商業用だけどギロチンにデジタル位置合わせ機能付、A3ノビまで対応のコンパクト機だったんだよ。あれだと面付け出力のコピ本製本楽だよ……。
書体も色々出てたなぁ、使ってみたい書体とかあってさ。ただ……わかっちゃいるけど、アドベ製品は高いなぁ。クリエイティブサイトCS4、デモ版貰ったけどさ。これ、うちのMacじゃ動かせないんだよな(腐乱馴鹿の現愛用機はeMac[ブラウン管最終機タイプ])。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ちびぃ

Author:ちびぃ
徒然なまんまふらり火の如し

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。