2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野馬追




南相馬市の相馬野馬追祭を友人と見てきました。

最終日の神事、野馬懸を行う小高神社は、原発事故による非難区域がようやく少し解除された場所であり、神事に携わった地元の人々の多くが他府県へ避難生活を余儀無くされているそうです。

これまでより、地域の繋がりが保ちにくくなったハンデを逆手に取るかのような、祭りへの熱い思いに、見られてよかったと、自分の都合がついて来年もお祭りが行われるならば、是非行きたいと思いました。

人馬一体感、何よりも、祭りを執り行う側が主導権を持ち、最も尊ばれる存在であるという、当たり前のことが普通に行われていたことに胸が熱くなりました。
当たり前のことだけど、最近は見物客やいわゆるカメラマンが大きな顔をしがちな祭りが増えているなかで、野馬追は祭りを執り行う側が圧倒的に「主」だった。
それがとても嬉しかったです。

南相馬市の皆さんが、ふるさとに帰って、当たり前の生活ができますように。


● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ちびぃ

Author:ちびぃ
徒然なまんまふらり火の如し

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。