2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしたのし

日曜日は船長のお茶会に参加して、船長と遊んできましたーっ。

楽しかった!
グループ対抗のゲームで、我がチームのあまりのぶきっちょぶりに、さり気なく堂々と手を貸してくれた船長に胸が熱くなりました。顔は緩みっぱなしだったので、結果台無し感満点の顔をしてたに違いない。

初参加の方からの質問に、予想を気持ちよく裏切る回答をしていた船長…伊達に海賊王を目指してないぜ…惚れ直したぜ。
地元を離れてから、船長の舞台を観られるようになって、時間が合えば観に行くようにしてるのですが、やはり、声だけの役者じゃない、その心根に触れることができて、嬉しかったです。

声優に憧れて声優を目指している方々に向けた言葉「声だけの演技が声優じゃない」が本当に胸に染みました。

好き嫌いに食わず嫌いですが、私は映像作品が大好きです。
個人的な意見として、私は最近の若手の声優さん達の演技に一抹の不安を抱いています。
若手の人気があるという声優さんの声や演技が私の耳で「区別がとてもつきにくい」方が増えてきているように感じるのです。
声を聞いて、誰某とぱっと浮かぶ、声と演技に特徴のある方が中々いない。
声に確固たる色を持った方が少ない。

私は、声優は演技の表現法の一つだと捉えています。
声をあてる、とは、その対象物に音色を息づかせることだと。
ですから、声の演技だけで此方の心を揺さぶる役者さんに出会えた時は、その方の様々な演技を見たくなります。


と考えるのは、船長のお茶会から、舞台戦国BASARA宴の東京千秋楽を観に行ったのもあります。

ゲームをベースにしているので主要登場人物達は当然、ゲームキャラクターの動きや衣装を踏襲しています。
ただ今回、もの凄い衝撃を受けたのは、役者さん達の声が、役者本人の声ながら、ゲームの声とそんなに離れていないんです。
役者さん達が演じるにあたり各々キャラクターを掘り下げまくって自分のモノにしている。
舞台観てるのに、声聞いただけで背筋が体の中から震えるの!
舞台そのものも、とても良くって、なんかもうヒーハーッ!ってなりましたよ。
USJのプレミアショーも、あれは声優さんと役者さん達のフュージョンが成功しているから、リピートしたいんだよね。
つまりはそんな感じです。


できれば、そう思わせてくれる若手さんがこれから沢山出てくるといいなぁ。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ちびぃ

Author:ちびぃ
徒然なまんまふらり火の如し

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。