2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ?あきは?

「水木大センセイ、文化功労者」のメールのアレコレで発覚した迷子事実。
……腐乱馴鹿、まだまだ甘かった! 修業してくる2年ぐらい。


そんなこんなで今週のWJ感想>


No.601「ROMANCE DAWN for the new world─新しい世界への冒険の夜明け─」

扉絵>
ナナナナ、ナミさんッ。
もうそれくらいで勘弁してあげてください。
てか、こいつらワルサギかな? なら、身ぐるみ剥がされちゃえ。(アラバスタの恨み……)



本編>
うわお。ゾロとサンジのやり取りが楽しすぎる!
いいなぁ、このコンビ。この似たもの同士が!
サンジのあの単語喋りは何かわけがありそうな雰囲気だよね。カマバッカの修業中に何かあったのかもね。
「文章で説明しやがれ!!!」
と、突っ込んだゾロだけど、その直後の会話はまんま単語喋りだぞぅ。
二人とも見た目は渋く大人の装いになってるけど、中身はあまり変わらないのなー。
ちょっと安心したよ。
で、天然ボケっぷりは健在だったルフィさん……安心したというよりも、むしろ心配だよ!
ちょ、船長! トナカイ以上に心配だ!

三流の化けの皮があっけなく剥がされちゃったけど。

「おめェみてェなカスじゃねェよ!!!!」
戦桃丸の言葉は、2年前ルフィと直に対峙した当事者としてその程度でルフィの名を語ること自体が腹立たしいのかもしれない。
レイリーに鍛えてもらった成果。
力業、直球勝負な荒削りな力の使い方から、「加減」の妙を感じさせるギア2。
前は、覚えたそのままに使っていた節が見受けられたけど、今のルフィはピンポイントの最小の力加減で効率の良い技を振るえるようになったんだというのが、あの拳一つでわかる。
あの表現は、なんだか震えが来た。
「変わった」ってことが、すっと入ってきた感じがする。

直後の「本物」(笑)のゾロとサンジの二人も、歯が立たなかったパシフィスタを、逆に歯牙にも掛けぬ腕っ節を見せてくれた!
待ってたぶんだけ、「うおーッ!!!!!」ってなる!
2年、それぞれがちゃんと互いに笑って前へ進めるように、頑張ってきたんだって、それがすごく分かる。
でもそんな大変さを言い合うわけでなし、指摘し合うわけでなし、久し振りにあったことを純粋に喜ぶルフィに、
「お前は9番だぞ」
と、1等賞をさりげに自慢したがるゾロが、いちいち可愛いのな! よっぽど嬉しかったんだな!


タイトルから想像するに、この回はローグタウンでの、出航をなぞらえているんじゃないかなぁ。
ローグタウンでルフィはバギーとスモーカーから受けた「洗礼」と、父であるドラゴンの見送りで、グランドラインへ出た。
シャボンディで仲間との離別、そして海軍本部でエースの死という「洗礼」を受けて、前世代のレイリーの見送りで新世界へと旅立つ。
ほかの誰でもない、海賊王の右腕へ「海賊王におれはなるっ!!!!!」と宣言するルフィ。
ルフィはレイリーに、ロジャーの「意思を受け継ぐ者」として相応しいと認められたんだろうな。
海賊王にまとわりつく外見の響きではなく、己の信念を掲げて宣言するルフィの笑顔は、ロジャーを亡くしたレイリーの退屈な年月を埋めるに値する笑顔だと、いいな。

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ちびぃ

Author:ちびぃ
徒然なまんまふらり火の如し

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。